天気によるお困りごとや課題を解決します

強風・暴風・波

強風・暴風、波に関するお困りごとや課題(港湾施設)
労働安全衛生法で定める悪天候時の作業禁止基準、強風(平均風速10m/s)や暴風(瞬間風速30m/s)がありますが、2日ほど先までの予測はできますか。強風や暴風が予想される場合、計画的な作業中止や強風前の安全な時間帯に災害防止措置を済ませておくためです。
解決例
ポイント予報を提供いたします。約3日先までの天気や風向風速(平均風速・最大瞬間風速)を時間帯別に予測可能ですので、作業中断や災害防止措置のタイミングが判断できます。台風接近の場合は、避難や設備の防災対策にもご利用ください。
風・波に関するお困りごとや課題(マリーナ)
プレジャーボートは、強風、高波や三角波、うねりにより、転覆の危険が高まります。弊社が指定する海域で、風向風速と波高・うねりの予報は可能ですか。
解決例
ご指定の海域における天気、風向風速(平均風速・最大風速・最大瞬間風速)、波高・うねりを時間帯別に予測可能です。

雷に関するお困りごとや課題
雷雲が近づいている時、引き続き業務可能か中断すべきかの判断に困っています。中断の場合、そのタイミングの判断もつかない。さらに、再開の判断も難しいです。
解決例
雷による業務や作業の継続中断の判断なら、落雷危険度を自動通知する雷警報サービス「雷ウオッチPRO」が解決します。弊社は、落雷や雲間放電を常時取得しています。この雷ビッグデータからご指定地の落雷危険度を計算し、危険度に応じて「雷なし」「注意」「警戒」「厳重警戒」の4段階に判定し、ほぼリアルタイムで自動通知します。
通知は、PC画面や警告灯への自動表示、アラームやAIアナウンサーによる音声での自動案内です(選択可能)。担当者は、落雷危険度の自動通知により、業務や作業の継続・中断・再開を判断いただけます。いままでの雷監視による難しい予想と判断が不要となり、本業に専念できます。

雨・大雨

雨・大雨に関するお困りごとや課題
港に隣接していますが堤防の天端より敷地内の方が低い構造のため、激しい雨により敷地内が約1m、建物が約30cm浸水し、車両や設備に被害を受けたことがありました。1時間に50ミリ以上の雨の場合、敷地内から海への排水能力を超えるため浸水の可能性があります。  
1時間に50ミリ以上降る雨の予測はできますか。
解決例
1時間に50ミリ以上降る可能性がある場合、2~3日前より情報提供させていただくことができます。なお、排水能力を最大限活かすために、排水設備の事前点検や排水口付近の清掃をされることで、影響を最小限に抑えることができます。台風や警報級の大雨による浸水害の可能性がある場合、来訪者や従業員の避難の判断、車両や設備の退避や防災対策の判断にも活用できます。

熱中症

熱中症に関するお困りごとや課題
従業員の熱中症を防止したいのですが、主要都市の熱中症情報ではなく、指定する住所での熱中症の予報は可能ですか。
解決例
ご指定住所の熱中症予報に対応しています。前日と当日朝に熱さ指数の予測、当日は日中1時間毎に熱さ指数の実況推定値を提供いたします。暑さ指数は、「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の4段階に自動判定し、PC画面への表示やAIアナウンサーで音声案内いたします。担当者は、いままでの熱中症の情報収集による難しい予想と判断の必要がなくなり、本業に専念できます。

雪氷予報

雪氷に関するお困りごとや課題(港湾施設)
積雪による除雪作業や吹雪による視界不良のため、荷役作業を中断したり、作業効率がかなり低下してしまいます。積雪・凍結対策として、クレーンのレールと勾配箇所にロードヒーティングを使っているものの、効果は限定的です。このため、現状ではその場対応になっています。
解決例
雪の時間帯、降雪量、気温、風などの事前予測により、計画的に作業/作業中断等の予定が立てられます。また、凍結によるスリップや視界不良など作業上の注意点とその時間帯を提示させていただきます。
その結果、予定外の作業中断や作業効率低下の時間を減らすことができ、経費削減となります。また、吹雪などで作業中断の可能性が予測される場合、作業関係者で事前に情報共有し、労働災害防止につながります。

お気軽にお問い合わせください。0561-52-0008受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ